仮想通貨ハードウォレットお勧めはLedger Nano S(レジャーナノS)!

仮想通貨取引所のコインチェックでNEM盗難騒動が起こってしまいましたね・・・

被害も580億円と大きく、この件で資産管理の重要性に気が付いた方も多いのではないでしょうか。

仮想通貨を安全に保管するにはハードウォレットを使うのが一番です。

ハードウォレットの選択はLedger Nano S(レジャーナノS)かTrezorのどちらか、というのが現状なのですが、その中でも今回オススメするのはLedger Nano S(レジャーナノS)です。

Ledger Nano S(レジャーナノS)について紹介したいと思います。



そもそもハードウォレットって?

お金をお財布に入れておくように仮想通貨を保管するのにもウォレット(お財布)という概念があります。

ウォレットにもいくつか種類があり

  • 取引所のウォレット(購入した通貨をそのまま取引所で保管)
  • ウェブウォレット(ネット上のウォレット)
  • ソフトウォレット(自分のパソコンにダウンロードして使用するウォレット)
  • ハードウォレット(手元の端末で管理)

上から下にいくほど安全になります。

なのでしっかりと資産を管理するにはハードウォレットがオススメなのですが、まずは、「ハードウォレットってどんなもの?」といった方のために、ハードウォレットがどういったものかを簡単に説明しておきますね!

ハードウォレットはUSBメモリのような小さな端末機器で、仮想通貨を取引所ではなく自分の手元で管理するものです。

ハードウォレットは仮想通貨をインターネットに繋がっていないオフライン状態で保管するのでハッキングなどのリスクが極めて少なくセキュリティーの面で優れています。

今回のコインチェックでの仮想通貨不正流出があったような場合でも、仮想通貨を手元のウォレットに入れておけば被害を避けることができますね。

万が一、ウォレットが盗まれたり他人の手に渡ってもPINコードが盗まれなければアクセスできないので仮想通貨自体が盗まれることはありません。

そして、ウォレットが故障したり紛失してもパスフレーズで復元できるので、故障したり紛失したハードウォレットに保管されていた仮想通貨に新しいウォレットからアクセスすることができます。

ウォレットが壊れたり紛失したら保管されていた仮想通貨にアクセスできなくなってしまうと勘違いする人が多いようですが、パスフレーズがあれば復元できるので大丈夫ですよ!

ただ、これを逆に言うと、パスフレーズを失くすとウォレットが壊れたり紛失してしまった時に復元できなくなります!

例えば、火災などでウォレットもパスフレーズも焼けてしまったら・・・なんて、あまり考えたくないですが、万が一のために自宅以外にも何か所かパスフレーズを保管できるところがあればいいですね!

お勧めハードウォレット「Ledger Nano S(レジャーナノS)」

仮想通貨を安全に保管できるハードウォレットですが、種類には「Trezor」と「Ledger Nano S(レジャーナノS)」の二つがあります。

実際にはこの二つだけでなく他にもいくつかマイナーなものもありますが、大切な資産を守るウォレットですから信頼できるものを使いたい!ということで、選ぶのなら定評があり広く使われているこの二つから、ということになります。

使い方はどちらも簡単で初期設定もオーナー登録サイトや解説サイトなどを見ながらやると15分~20分程度できます。

「Trezor」の方がサクサクと作業しやすいかな、という印象はありますが、「Ledger Nano S(レジャーナノS)」も難しいということはないので安心して下さい!

ところでこのハードウォレット、実はどの通貨でも一緒に保管できるっていうわけではないんです。

保管したい通貨があるなら、ウォレットがその通貨に対応している必要があります。

そこで「Trezor」と「Ledger Nano S(レジャーナノS)」ではそれぞれどの通貨に対応しているのか比べてみますね。

Trezor

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BHC)
  • ビットコインゴールド(BTG)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • エクスパンセ(EXP)
  • ユービック(UBQ)
  • ドージコイン(DOGE)
  • ネム(NEM)
  • ネームコイン(NMC)

Ledger Nano S(レジャーナノS)

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BHC)
  • ビットコインゴールド(BTG)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ドージコイン(DOGE)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • リップル(XRP)
  • ダッシュ(DASH)
  • ストラティス(STRAT)
  • コモド(KMD)
  • アーク(ARK)
  • エクスパンセ(EXP)
  • ユービック(UBQ)
  • ヴァートコイン(VTC)
  • ヴァイア(VIA)
  • ネオ(NEO)
  • ステルスコイン(XST)
  • ステラ(XLM)
  • エイチシェア(HSR)
  • デジバイト(DGB)
  • クアンタム(QTUM)
  • ピヴクス(PIVX)

圧倒的に「Ledger Nano S(レジャーナノS)」の方が対応通貨が多いですね。

特に、人気コインリップル(XRP)は「Tresor」では対応していません!

なのでリップル(XRP)を保管するには「Ledger Nano S(レジャーナノS)」しか選択がありませんね。

また、ハードウォレットから取引所や他のウォレットに送金する時に少し手数料がかかるのですが、「Trezor」に比べ「Ledger Nano S(レジャーナノS)」がお得です。

長期保有目的で通貨を出し入れしない場合はあまり気にならないかもしれませんが、取引などで出し入れすることが多い場合は違いが気になりますね。

この点でも「Ledger Nano S(レジャーナノS)」の方がオススメですね。

ハードウォレットの購入で気をつけたいこと

ハードウォレットの購入で気をつけたいのは、必ず信用できる販売者から購入するということです。

中古品や身元のよくわからない販売者からは買わないで下さい!

商品が手元に届いたら、商品のパッケージが未開封でPINコードが設定されていないことを確かめるようにしましょう。

PINコードが設定されていたりウイルスが仕組まれていたりなんてすると、最悪の場合大事な資産を盗まれた!なんてことになってしまう可能性が・・・

こういった点でメルカリやヤフオクなど個人間での売買はお勧めできませんし、安いからと言って中古品を買うなんてことは絶対にしないで下さい!

ここはケチらずに少し高くても信頼できる販売者から購入し、届いたら商品が未開封であるか必ず確認するようにしましょう。

お勧めハードウォレット「Ledger Nano S(レジャーナノS)」のまとめ

  • 仮想通貨を安全に保管するにはハードウォレットが最適
  • 「Ledger Nano S(レジャーナノS)」は対応通貨がずば抜けて多い
  • 「Ledger Nano S(レジャーナノS)」は送金手数料が安い

セキュリティー面が高く安全に仮想通貨を保管できる「Ledger Nano S(レジャーナノS)」。

世界的に品薄になることが多いようなのでなるべく早めに手に入れておきましょう!

ハッキングや取引所の倒産などに巻き込まれないように自分の資産はしっかりと自分で守りましょうね!

>>Ledger NanoS(レジャーナノS) 暗号通貨ハードウェアウォレットの正規代理店はこちら





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする